HOME BY TAILWIND Vol.3

「新潟のライブハウスで面白いことをしたい」「リリースツアーに関係なく新潟に素敵なバンドが来て欲しい」「新潟のライブハウスやバンドとも繋がって欲しい」


そんな理由でスタートしたのが"HOME BY TAILWIND"


コロナウイルスで中々イベントが出来ず、延期や中止が重なった昨年。今年もその状況が良くなっているとは言えません。先々の企画も思うようにできない中で、少しずつ動いています。


正直5年間TAILWINDで一生懸命イベントを企画してきて、それが昨年出来にくい環境になったことで、気持ちは切れかけました。でも、それをギリギリの所で繋ぎとめてくれたのも音楽やライブでした。小さなローカルの個人イベンター。資金力も強力なコネもないけど、相変わらず「想い」を前面に出して続けていきたいなと思っています。


今回のHOME BY TAILWINDはたまたま時期も重なり、SonoSheetのリリースツアーも兼ねての開催です。簡単にコロナを吹き飛ばすとかは言えないけど、今のぽっかり空いた心の穴は埋めてくれる5組が集まったんじゃいなかと。


・SonoSheet


これははっきり言い切ります。

僕はSonoSheetが大好きです。こんなに拳を上げたくなるバンド中々いません。


僕らも携わらせてもらったツアーのファイナルを宇都宮まで見に行きました。もう2年くらい前の話です。最初は後ろの方で見ていたんだけど、気がついたらステージに乗り上げるんじゃないかくらい最前までいって拳上げていました。その時の宇都宮のライブハウスは凄く暑かったんだけど、もう汗だくになって涙かどっちかわからないくらいクシャクシャになって帰りました。


共感できるというか、あんまり冴えなかった自分の人生にビビッと引っかかるものがあるんですよね。本当に新潟の人にも届いてほしい最高のバンドです。



・タカナミ


彼らは一昨年の風のリズムに出てもらったのが今に繋がっています。サーキットって実は主催の俺自身が全然ライブ見れないんですよね。タカナミはその時WOODYという離れた会場でのライブで、正直最後の1曲しか見れなくて残念な思いをしたんです。


あまりに悔しくて、翌月下北沢にてに遊び行って、ばっちり最初から最後まで見ました(笑)


"東京"という曲を聴いた時に、凄く鋭利なイメージを持ちつつも、覚悟の1曲なのかな?というイメージを持って、一気に引き込まれました。基本ライブを見てからオファーしたいタイプだけど、直感でオファーしました!


少し間が空いたけど、こうやって関われるのが嬉しいです。


・THE KING OF ROOKIE 


もう今更紹介する必要もないかと...笑

前回のSonoSheetのツアーでもルーキーに出てもらったけど、確かその当時はまだ高校生だった彼ら。あの時には既にハートを掴まれていた俺。


あれから4人になり、高校も卒業して、ガンガン県外に出て修行している彼らが、こんな個性派揃いの日でも薄まるわけないと思っています。「やっぱルーキーかっこいいよ!」と思わせてほしいですね。


中々形にできてないけど、早く一緒に面白い企画も共催したいよ。



・Seek me


Seek meも高校を卒業して、今ガツガツ動き出しています。Seek meのコウセイとムラキは高校の後輩だから、やっぱり贔屓目で見ちゃうんだけど、あの校則厳しい学校の中で、3年間バンドマンを貫いた精神力は素直にすごいと思います。


Seek meが2月に自主企画をやった時に、そのライブを見ながら「自分が高校3年生の時に、ここまで気持ちを出すことできたかな?」って。


世代も全然違うから、俺らの時とは違うのかなと思いながらも、真っ直ぐに青春を歌うSeek meは嫉妬するくらい羨ましいなと思いました。


最近関われてなかったから久しぶりに出てくれるの嬉しいです!


・Hell's


さらに若手になりました。現役高校生バンド「Hell's」

前回のFiSHBORNのレコ発イベントが初絡みでした。

凄く真面目で真っすぐなバンドだと思っています。


前回の例でいうと、FiSHBORNが大好きで、どうしても出たいということでDMを送ってくれました。そのDMがとにかく熱かった。多分時間をかけて一生懸命文章考えたんだろうなというのが伝わってきました。


そんなバンドは当然応援したくなります。最近自分の中でも欠けていたという「熱さ」を思い出させてくれました。




恩返しとか、支援とかそういうのではなく、単純に大好きな場所で、大好きな人たちと音楽を楽しむ。そんな空間をまた作っていけたらなと思ってます。その一歩目です。


よろしくお願いします!!!